近視になるとコンタクトを入れるべき?

トップページ 近視になるとコンタクトを入れるべき?

近視になるとコンタクトを入れるべき?

近年ではメガネをかけるよりもコンタクトレンズを付けることの方が、機能性にも見た目にも主流となっています。ですが、直接眼にレンズを入れることに抵抗がある人や値段が気になって手を出せない人も少なくありません。では今コンタクトレンズはいくらぐらいの価格になっているのでしょうか。

 

まずコンタクトレンズを付ける前に眼科で検査をする必要があります。人によっては向き不向きがあるように、レンズにも相性があるので必ず眼科で検査をする必要があります。またこの検査では5,000〜8,000円程度の診察料がかかりますが、健康保険に加入していれば実際はもっと安く済ませることができます。

 

そして実際にコンタクトレンズを付けれるようであれば購入することができますが、購入するにあたって注意が必要になります。一部の特殊なコンタクトレンズを付ける必要がある人は別ですが、一般的にコンタクトレンズの価格にはピンからキリまで幅広くあります。それによりコンタクトの種類も多々あるので金額に差が生じやすくなります。

 

主に今あるタイプでは使い捨てタイプが主流で付ける期間によって金額はバラバラです。

 

1日使い捨てタイプ
2週間使い捨てタイプ
1ヶ月使い捨てタイプ

 

ここで一番金額に差があるのは1日使い捨てタイプでその金額は3,000〜5,000円です。他の2つのタイプは2,000円前後となるので金銭面で考えるならばこの2つがおススメです。ですが1日使い捨てタイプは、安全性では非常に優れているのでどちらを重要とするのかは使用者によるところと思います。